躁鬱病の原因を把握して早い社会復帰を望む

ピックアップ

  • 遺伝子の可能性

    躁鬱病の原因には、遺伝子が挙げられます。遺伝子でも、一つの遺伝子だけではなく複数の遺伝子の変異によってなる可能性があります。しかし、遺伝子によって誰でもなるということではないため注意しましょう。

誰でもなりうる

頭を抱える男性

うつ病という病気を聞いたことがある人は多いといえます。
しかし、躁鬱病と聞いたことがあるという人は比較的少ないといえるでしょう。
私たちが普段生活をしている上で、病気にかかることは多々あります。
軽度の場合、風邪などの症状で済みますが重度になると入院が必要になってくる病気などが挙げられます。
また、病気は内科系の病気だけではありません。
精神の病気や脳の病気も挙げられます。
うつ病は、精神が不安定な状態にあるため精神の病気といえます。
しかし、躁鬱病は精神ではなく脳の病気といわれています。

躁鬱病の発症率は比較的低いものです。
しかし、中には気づかないで生活を送っている人もいます。
そのため、発症率が低いといえます。
躁状態とは、気分が高まっている状態になります。
普段より積極的に多く喋ってくる場合や、活動的になるなどが挙げられます。
そのため、睡眠を取らずに家族や周囲を振り回したりなどもします。
自覚症状が無いため、本人は病気にかかっているという発想はありません。
その他にも躁状態の場合、金銭トラブルにもなりかねません。
投資などで多額の金額を使うこともあるため注意する必要があります。
また、多額の借金をつくっても本人に落ち込んだ様子などもなく楽しく過ごしていることが躁鬱病の特徴といえます。

躁鬱病は、本人が気づかないことが多いため普段の行動に違和感がある場合は医者に相談すると良いでしょう。
周囲が早めに気づくことで早い治療が望めます。

新着記事

ストレスを溜めない

片頬をおさえる女性

環境が原因で躁鬱病にかかる可能性が挙げられます。急な環境の変化や人付き合いによって発症する可能性もあるといわれています。そのため、ストレスを溜めない生活を送る必要があります。

早めの診断

海沿いで悩む女性

躁鬱病の原因の一つに、性格も挙げられます。発症する前の性格は、比較的明るい他にも社交的な人が発症する可能性が高いため、急に人が変わったという場合は早めに診断を受けると良いでしょう。