躁鬱病の原因を把握して早い社会復帰を望む

遺伝子の可能性

両手で頬を触る女性

仕事の激務による躁鬱病の増加

一つの遺伝子でほとんど同じ場合は、一卵性双生児といいます。また、半分の遺伝子をもつ場合は二卵性双生児になります。主に、双胎妊娠して出来た子の場合が挙げられます。その中でも、一卵性双生児で生まれてきた人の方が躁鬱病になる可能性が高いといわれています。全ての人が対象になるわけではありません。しかし、確率的には高いとされています。また、躁鬱病の原因ははっきりとわかっていません。そのため、遺伝子が原因になる可能性が必ずしもあるわけではないのです。しかし、少なくとも遺伝子が関与している可能性はあるといえるでしょう。

今後も働き方を変えなければ改善は難しい

躁鬱病の原因に挙げられている遺伝子は、遺伝子以外の要因も関与しているとされています。その他の原因要素も明確ではないため、普段の生活に気をつける必要があります。また、躁鬱病を発症した場合本人に自覚症状がほとんどないため周囲が早めに気づいてあげる必要があります。躁鬱病は、躁と鬱が交互に発症します。発症する期間は、一般的には数年といわれています。しかし、治療を行わず病気が進行してしまうと発症するまでの期間が短くなってしまいます。また、躁状態の期間が短く、鬱状態の期間が長くなってしまうため早めに治療する必要があります。躁鬱病は、病院やクリニックで治療を受けることが出来ます。そのため、病院に行く際に周りの目が気になる人は、クリニックを利用すると良いでしょう。クリニックでも、最新の設備を取り入れているため安心して利用することが出来ます。

躁鬱病は昔からある精神的な病気ですが、近年増加傾向にあると言われています。多くの人は職場における過労やストレスが原因で発症すると言われています。他人から見てすぐに分かる病気ではないため、本人が病院へ行くことを後回しにして症状が悪化することが多いと言われています。 躁鬱病は医学的に病気なのですが、どうしても精神的な病気は事実として受け止めるまでに時間が掛かってしまいます。本人もそんなはずはないと思い込んでしまうことがあり、家族や同僚のアドバイスによって病院に初めて行くことが多いそうです。 原因は仕事であるとはっきり分かっていても、転職が難しい日本ではすぐに退職して次の仕事を探すという行動が取れないところが問題であるとも言われています。

日本人は外国の国々に比べて働きすぎであると言われています。多くの企業で労働基準法がしっかりと守られていないため、どうしても雇う側の方が立場が強くなっていることが多いです。 グローバル化が叫ばれる昨今ですが、日本人の根本的な働き方は変わっていません。今も多くの企業で残業が慢性化していますし、ストレスを抱えている会社員が多いと言われています。今後もこの働き方が変わらない限り、躁鬱病の原因は取り除くことは難しいでしょう。 原因が判明していてもそれを解決できないのは、企業だけでなく国や個人の問題によるところもあります。躁鬱病の患者を減らすためにも、日本全体で働くという行為を改善していかなくてはなりません。