躁鬱病の原因を把握して早い社会復帰を望む

ストレスを溜めない

片頬をおさえる女性

躁鬱病の要因として何が考えられるのか

普段私たちが生活をする上で、ストレスを感じることは多いといえます。対人トラブルや仕事や学校など、少しのきっかけでもストレスは感じやすいといえるでしょう。また、ストレスを感じないという人も中にはいます。しかし、自分では気がつかないうちに溜め込んでしまっている人もいるため注意する必要があります。ストレスは、身体に大変悪いものです。人によってストレスの感じ方は違ってきますが、ストレスを溜め込んでしまうと体調不良に繋がってしまいます。また、最悪の場合病気を招いてしまうこともあるため普段の生活でストレスを溜め込まないことが重要といえます。

それぞれの原因内容について

躁鬱病の原因には、ストレスなども挙げられます。環境的要素だけで躁鬱病を発症するとは一概にはいえません。しかし、ストレスによって起こる可能性も否定出来ない病気といえます。躁鬱病の原因としても挙げられている環境的要素は、人付き合いなども関わってきます。人付き合いによって受けるストレスが高いものです。しかし、生活をしていく中で人付き合いも大切になってくるため避けることは出来ないでしょう。躁鬱病にならないためにも、日頃の生活でストレス解消をしていく必要があります。また、躁鬱病の原因にはストレス以外にも挙げられます。原因が判明していない病気になるため、予防することは難しいものです。しかし、普段の生活にストレスを溜め込まないようにするだけで多少の予防はすることが出来るといえるでしょう。

躁鬱病とは、精神疾患の中で気分障害と分類されている疾患の一つです。鬱状態が起こる病気を鬱病と言いますが、この状態に加え、鬱状態とは対極である躁状態も現れる、慢性の病気です。双極性障害とも呼ばれています。この病気の原因は、はっきりと解明されていません。ですが、これまでの科学的な研究により、いくつかの可能性が示されています。ここではその、原因となっている可能性のある事柄について紹介していきます。大まかに述べると、「遺伝子」「脳」「生育歴」「環境」「性格」「体質」などの要因が、複雑に関係しているのではないかと考えられています。遺伝子については、研究の結果から、一つの遺伝子で起こる、いわゆる遺伝病ではないと考えられています。この様に、躁鬱病の原因については様々な研究がおこなわれているため、今後さらに詳しく原因が分かってくる可能性があると言えるでしょう。

ここまで述べてきた、躁鬱病の原因について、その内容を一つずつ紹介していきます。まず、最も深く関与していると考えられている原因が「遺伝子」です。同じ家系に発症する確率が高いことから、発病には遺伝子が関わっているのではないかと指摘されているのです。また、もともと躁鬱病になりやすい体質の性格である人が、何かしらの誘因がきっかけで発症することも考えられます。アレルギー性体質と同じ考え方であり、躁鬱病の場合は、ストレスの多い環境下にいることで発症することがあるのではないかと言われています。さらに、この病気は「うつ」からはじまることが多いと言われています。「うつ」の症状だけ繰り返したのち、突然「躁」になる、というパターンです。ですので、鬱病だと思っていても実は躁鬱病だったという可能性もあるのです。以上のように、まだはっきりとはしていませんが、研究により様々な原因が考えられています。